トップページ > 新着情報 >カゼインキナーゼ1δ阻害剤の概日リズムへの影響を検証しました。

サーカディアンリズム評価細胞を用いてカゼインキナーゼ1δ阻害剤の概日リズムへの影響を検証しました。

時計遺伝子bmal1のレポーター細胞「サーカディアンリズム評価細胞」に、時計遺伝子PERの細胞質内分解を抑制するカゼインキナーゼ1δ阻害剤を添加し、細胞のサーカディアンリズムの変化を測定しました。


PDFダウンロード

概日リズム_CK1δ
このページの先頭へ